訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ローレンス・オリヴィエ 氏Laurence Olivier

俳優映画監督[イギリス]

1989年 7月11日 死去腎不全享年83歳

ローレンス・オリヴィエ - ウィキペディアより引用
ブライトンのオリヴィエ男爵ローレンス・オリヴィエ(Laurence Kerr Olivier, Baron Olivier of Brighton OM, 1907年5月22日 - 1989年7月11日)は、イギリスの俳優、映画監督、貴族。
アカデミー賞を受賞し、シェイクスピア俳優としても有名。
20世紀の名優として多くの映画人から称賛される。
本名はローレンス・カー・オリヴィエ(Laurence Kerr Olivier)。
愛称はラリー(Larry)。
生涯 サリーのドーキングに生まれる。
父はイングランド国教会牧師であったジェラルド・カー・オリヴィエ。
のちにオリヴィエは自伝において「上品だが貧しく、野心を抱くには最も適した環境に育った」と記してある。
3歳の時にロンドンへ移り、母の希望で9歳でオール・セインツ教会聖歌隊に所属し、音楽を学ぶかたわら演技の勉強もした。
12歳で母を病気で亡くす。
1921年にオックスフォードのセント・エドワーズ・スクールに学び、1922年にはオリヴィエの最初のシェイクスピア劇出演となる聖歌隊の公演である『じゃじゃ馬ならし』でケイト役に扮し、続いて1923年に学校劇で『夏の夜の夢』のパック役を演じて大成功を収める。

「ローレンス・オリヴィエ」と関連する人物(故人)