芸能人・経営者のおくやみ情報

フランソワ・トリュフォー 氏François Roland Truffaut

映画監督[フランス]

1984年 10月21日 死去享年53歳

フランソワ・トリュフォー - ウィキペディアより引用

フランソワ・ロラン・トリュフォー(François Roland Truffaut、1932年2月6日 - 1984年10月21日)は、フランスの映画監督。
ヌーヴェルヴァーグを代表する監督の一人。
映画作家・理論家のアレクサンドル・アストリュックがトリュフォーを「愛のシネアスト(cinéaste)」と定義した。

生涯 パリに生まれたトリュフォーは両親の離婚から孤独な少年時代を過ごし、幾度も親によって感化院に放り込まれるなど、親との関係で問題の多い少年だった。
1946年には早くも学業を放棄し映画館に入り浸り、1947年にはシネクラブを組織し始める。
そのころ、のちに映画評論誌『カイエ・デュ・シネマ』初代編集長(1951年 - 1958年)となる批評家アンドレ・バザンと出会う。
以降バザンが死ぬまで親子同然の生活を送る。
彼の勧めにより映画評論を著すようになり、『カイエ・デュ・シネマ』を中心に先鋭的かつ攻撃的な映画批評を多数執筆した。
特に、同誌1954年1月号に掲載された「フランス映画のある種の傾向」という一文の厳しい論調故に、当時は「フランス映画の墓掘り人」などと揶揄された。

FrançMois Truffaut(1932-1984) フランス映画界を代表するヌーヴェル・ヴァーグの映画監督の一人。 1932年2月6日生まれ、フランス・パリ出身。 1984年10月21日フランス、パリ郊外ヌイイ=シュル=セーヌにて脳腫瘍のため死去。 (引用元 Hatena Keyword)