芸能人・経営者のおくやみ情報

熊井啓 氏

映画監督[日本]

2007年 5月23日 死去くも膜下出血享年78歳

熊井啓 - ウィキペディアより引用

熊井 啓(くまい けい、1930年6月1日 - 2007年5月23日)は、1960年代から2000年代にかけて活動した日本の映画監督。
妻はエッセイストでポプリ研究家の熊井明子。
多くの監督作が『キネマ旬報』ベスト・テンに選出され、ベルリン国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭の各賞を受賞した。
日本を代表する社会派映画の巨匠である。
経歴・人物 長野県南安曇郡豊科町(現安曇野市)に、地主の父、元教師の母の息子として生まれる。
旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)、旧制松本高校文科乙類を経て新制の信州大学文理学部へ入学。
大学時代は演劇と映画の日々を送っていたが、関川秀雄監督の誘いで卒業後は独立プロの助監督へ。
さらに1954年日活撮影所監督部に入社する。
そこで久松静児、田坂具隆、阿部豊、牛原陽一などの助監督に付くかたわら脚本家としての仕事もこなす。
1962年に明子夫人と結婚。
1964年、帝銀事件について、綿密な調査と考証をもとに被疑者であった平沢貞通画伯を無罪とする立場から事件経過をドキュメンタリー・タッチで描いた『帝銀事件 死刑囚』で監督デビュー(脚本も務めている)。

くまいけい [生]1930.6.1.長野,豊科[没]2007.5.23.東京映画監督。1953年に信州大学を卒業。その後,独立プロに参加,1954年日活に助監督として入社する。1964年に自身の脚本『帝銀事件・死刑囚』で監督デビュー。この映画は,1948年に起こった帝国銀行の行員12人の毒殺事件で死刑囚となった平沢貞通を無罪とする立場で描いた力作(→帝銀事件)。続く『日本列島』(1965)は戦後の不可解な事件と国家のかかわりに迫り,『黒部の太陽』(1968)は黒部ダムの建設を映画化して国民的大ヒットとなった。1969年日活退社後はフリーランスの映画監督として活躍し,文芸作品『忍ぶ川』(1972)が芸術選奨文部大臣賞,『サンダカン八番娼館・望郷』(1974)と『海と毒薬』(1986)がベルリン国際映画祭銀熊賞,『千利休・本覺坊遺文』(1989)がベネチア国際映画祭銀獅子賞を得た。遺作は黒沢明が残した脚本による『海は見ていた』(2002)。 (引用元 コトバンク)