芸能人・経営者のおくやみ情報

T・S・エリオット 氏

詩人、劇作家[イギリス]

1965年 1月4日 死去享年78歳

T・S・エリオット - ウィキペディアより引用

トマス・スターンズ・エリオット(英: Thomas Stearns Eliot、1888年9月26日 - 1965年1月4日)は、イギリスの詩人、劇作家で文芸批評家である。
代表作には、5部からなる長詩『荒地』(The Waste Land、1922年)、詩劇『寺院の殺人』(Murder in the Cathedral、1935年)、詩劇論『詩と劇』(Poetry and Drama、1951年)などがある。
生涯 誕生はアメリカ合衆国のミズーリ州セントルイス。
1898年にスミス学院に入学する。
1904年、セントルイス万国博覧会を探訪中、フィリピン会場のイゴロット村に魅せられる。
翌年発表された短編「昔は王様だった男」はその探訪成果である。
1906年に入学したハーバード大学では、アーヴィング・バビット等に師事し、卒業後、ヨーロッパ各地と米国を往復し、研究活動を行う。
その後はソルボンヌ大学やマールブルク大学、オックスフォード大学にも通う。
1917年から1925年までロイズ銀行の渉外部門で働いた。
1927年にイギリスに帰化し、イングランド国教会に入信する。

T・S・エリオット(1888〜1965) アメリカの詩人。批評家としても活躍した。 代表作である長編詩『荒地』は、ダンテ的な声を現代詩の形式の中で蘇らせ、アメリカ・モダニズム文学の最高峰として人々の間に記憶されている。 他に、「プルーフロックとその他の観察」、「聖灰水曜日」、ギリシア悲劇に範をとった詩劇「寺院の殺人」などが著名。 批評家としては「伝統と個人の才能」を著し、後のニュー・クリティシズムに影響を与えた。 (引用元 Hatena Keyword)