訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

スタンリー・キューブリック 氏

映画監督[アメリカ]

1999年 3月7日 死去享年72歳

スタンリー・キューブリック - ウィキペディアより引用
スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick, 1928年7月26日 - 1999年3月7日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン生まれの映画監督。
のちにイギリスに移住した。
イギリス・ハートフォードシャーの自宅で心臓発作で息を引きとったとされるが、正式な死因は明らかにされていない。
キューブリックの死は監督作品「アイズ ワイド シャット」の試写会5日後の事だった。
開業医を営むオーストリア=ハンガリー帝国に起源を持つユダヤ人の両親の長男として、ニューヨークのマンハッタンで生まれる。
少年時代は、チェス、ジャズに興味を持ち、特にカメラは、彼の経歴の出発点となる。
ハイスクール時代のIQは平均以上だったが、成績は平均以下だった。
1946年、ニューヨーク市立大学シティカレッジに入学するが、すぐに中退。
一時はジャズ・ドラマーを目指していたが、当時の大統領フランクリン・ルーズベルトの死を報じる一連の写真が写真雑誌『ルック』誌に売れ、見習いカメラマンとして在籍するようになる。