芸能人・経営者のおくやみ情報

勅使河原宏 氏

華道家・草月流三代目家元、映画監督[日本]

2001年 4月14日 死去享年75歳

勅使河原宏 - ウィキペディアより引用

勅使河原 宏 (てしがはら ひろし、1927年1月28日 - 2001年4月14日) は、日本の芸術家。
草月流三代目家元。
映画、いけばな、陶芸、舞台美術、オペラなど様々な分野で活躍した。
妻は女優の小林トシ子。
ATG初の日本映画の監督であり、安部公房原作の作品群ではドキュメンタリータッチを基本にしたシュールレアリズム溢れる映像美で世界的にも評価された。
いけばな草月流の創始者勅使河原蒼風の長男として東京で生まれる。
同地の私立暁星中学校を経て、1944年、東京美術学校(現東京芸術大学)の日本画学科に入学。
3年後の1947年に洋画科に移る。
在学中からパブロ・ピカソや岡本太郎などの前衛芸術に傾倒し、安部公房や関根弘らによる前衛芸術の会「世紀」に参加。
また、在学中に日本共産党に近づき、1951年の五全協以降の武力闘争路線のもとで山村工作隊に参加した。
勅使河原は当時東京都小河内村に建設中だった小河内ダムの破壊工作を目指した小河内工作隊に配属された。
工作隊のメンバーには、後の共産党国会議員津金佑近や、映画監督の土本典昭などがいた。

(1927-2001) 前衛華道草月流家元、映画監督、舞台演出家、陶芸家、書道家。草月流初代家元の勅使河原蒼風の長男として、東京に生まれる。 生け花の枠を超えるスケールの大きな個展は世界中の人々に新鮮な驚きを与えた。東京美術学校(現東京芸大)在学中よりシュールレアリスムや、前衛芸術に興味を持ち、ピカソや岡本太郎の影響を受ける。安部公房、関根弘らの「世紀の会」に参加。また羽仁進監督らと「シネマ57」を結成し、実験映画の製作を試みる。1962年の『おとし穴』で初の長編映画を手がけ、1964年、安部公房原作・脚本の『砂の女』では、カンヌ映画祭審査員特別賞など数々の賞に輝き、国際的な名声を獲得した。1980年に草月流第三代家元になるなど、一時映画の世界から遠ざかったが、1984年に『アントニー・ガウディー』で再び注目を集め、1989年に『利休』でモントリオール映画祭の最優秀芸術貢献賞を受賞した。 (引用元 Hatena Keyword)