芸能人・経営者のおくやみ情報

小沢茂弘 氏

映画監督[日本]

2004年 10月12日 死去リンパ腫享年83歳

小沢 茂弘(おざわ しげひろ、1922年8月29日 - 2004年10月12日)は、日本の映画監督。
本名小沢茂美(-しげよし)。
東映時代劇・任侠映画の巨匠である。
時代劇ブームの際は片岡千恵蔵主演作で、任侠映画時代は鶴田浩二主演の『博徒』で大きな観客動員力を誇った。
1922年 - 長野県東筑摩郡四賀村(現松本市)に出生。
1940年 - 旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)卒業。
日本大学法文学部芸術学科入学。
1954年 - 「野ざらし姫 追撃の三十騎」で監督デビュー。
1976年 - 「女必殺五段拳」を最後に東映を解雇され、監督を廃業する。
2004年 - 京都市内の病院でリンパ腫によって死去。
享年82。
作風 同じ仁侠映画の巨匠として知られる山下耕作が芸術面での評価を獲得したのに対し、徹底した娯楽性を追求し、予算や期日を考え確実に作品を仕上げる職人監督であった。
その姿勢は膨大な監督本数(約110本)の中で自身の企画が1本もないという経歴からも伺い知れる。