芸能人・経営者のおくやみ情報

近藤芳美 氏

歌人[日本]

2006年 6月21日 死去心不全享年93歳

近藤 芳美(こんどう よしみ、男性、1913年5月5日 - 2006年6月21日)は、日本の歌人である。
本名は近藤 芽美(読みは同じ)。
戦後の歌壇を牽引する歌人として活動し、文化功労者に選ばれた。
長年「朝日歌壇」(朝日新聞)の選者を務めたことで知られるほか、建築家としての顔も持ち、ゼネコンや大学に籍を置く。
生涯 1913年、父の赴任先だった朝鮮・慶尚南道の馬山で出生。
12歳で帰国し、父の郷里・広島市鉄砲町(現・広島市中区鉄砲町)で育つ。
広島県立広島第二中学校(現・広島観音高)時代の教師に影響を受け、短歌に関心を抱いた。
旧制広島高校(現広島大学)在学中に、広島市近郊で療養中の歌人中村憲吉を訪ね、「アララギ」に入会、本格的に作歌を始めた。
以後、中村及び土屋文明に師事した。
東京工業大学卒業後、清水建設に入社。
設計技師として勤務する傍ら、アララギ同人としての活動を継続した。
戦時中は中国戦線に召集された。
終戦後の1947年、加藤克巳、宮柊二ら当時の若手歌人と「新歌人集団」を結成。
同年、評論『新しき短歌の規定』を発表した。
またこの頃、鹿児島寿蔵や山口茂吉、佐藤佐太郎らと共に「関東アララギ会」を結成している。

こんどうよしみ [生]1913.5.5.朝鮮,馬山浦[没]2006.6.21.東京,世田谷歌人。本名芽美。1938年東京工業大学建築学科卒業。第2次世界大戦中の1940年に召集され,中国に送られた。旧制広島高等学校在学中からアララギ派の歌人中村憲吉,土屋文明に師事,1947年新歌人集団を結成し,俳壇に刺激を与えた桑原武夫の「第二芸術論」に反論して評論「新しき短歌の規定」を発表,戦後歌壇に指針を示した。1948年戦争下の暗い時代を生きるヒューマンな青春像をうたった第1歌集『早春歌』,敗戦直後の作品を収めた『埃吹く街』を発表して注目を浴びた。1951年歌誌『未来』を創刊,主宰して道浦母都子ら多くの歌人を育て,戦後歌壇を代表する歌人として活躍。『朝日新聞』の歌壇選者をほぼ半世紀務めた。作品は叙情的な面をもつとともに戦争体験による反戦の姿勢が反映されている。1973~84年神奈川大学教授。1977~91年現代歌人協会理事長。1969年『黒豹』で迢空賞,1991年『営為』で現代短歌大賞を受賞,1996年文化功労者に選ばれた。 (引用元 コトバンク)