芸能人・経営者のおくやみ情報

ルー・ゲーリッグ

メジャーリーガー[アメリカ]

1941年 6月2日 死去享年39歳

ルー・ゲーリッグ - ウィキペディアより引用

“ルー”ヘンリー・ルイス・ゲーリッグ(Henry Louis "Lou" Gehrig, ドイツ語:Heinrich Ludwig Gehrig(ハインリヒ・ルートヴィヒ・ゲーリヒ), 1903年6月19日 - 1941年6月2日)は、メジャーリーグのプロ野球選手(内野手)。
ゲーリッグは毎日プレーを厭わないその頑丈さから鉄の馬(Iron Horse)と呼ばれ、1925年から1939年の14年間に渡り、当時の世界記録となる2130試合連続出場を果たした。
1939年、体調異変を感じて自ら欠場を申し入れ、記録は途切れた。
後の診断で筋萎縮性側索硬化症と診断されたゲーリッグは引退を決意した(この病気は「ルー・ゲーリッグ病」と称されることもある)。
ゲーリッグが現役生活の晩年に手のレントゲン撮影を行ったところ、手だけで17もの骨折箇所が見つかった。
連続出場はこれほどまでに彼の身体に負担を強いており、筋萎縮性側索硬化症の発症がなくても、遠からずその記録は途切れていただろうと推察される。

Henry Louis "Lou" Gehrig(Ludwig Heinrich Gehrig) 20〜30年代に活躍したMLBニューヨーク・ヤンキースの選手。一塁手。「鉄の馬」と呼ばれた。 1903年6月19日生まれ。ニューヨークのマンハッタン島にドイツ系移民の子としてに生まれた。 コロンビア大学卒業後、1923年にヤンキース入団。ベーブ・ルースとともに活躍した。 1932年6月3日には、3人目となる1試合4本塁打を記録。 1934年三冠王を獲得。この年、日米野球出場のために来日。沢村栄治の完封を阻止するソロホームランを放った。沢村の「全米軍のクリーンナップ4連続奪三振」の中に名が刻まれいる。 1939年までに2130試合連続出場。1995年にカル・リプケンに更新されるまで連続出場記録となっていた。 しかし、この年、いわゆる筋萎縮性側索硬化症に冒されてしまい、5月引退。そして同年7月、ヤンキースタジアムで引退式が行われ、引退式が行われた最初の選手とされている。この時、「私はこの世界で一番幸せな男です」との言葉を残した。当時としては史上最年少野球殿堂入りも果たした。 通算成績:2164試合出場、8001打数2721安打493本塁打1888得点1995打点、打率.340 通算満塁本塁打23本は現在も破られていない。 背番号4はメジャーリーグ史上初の永久欠番となった。 1941年6月2日、筋萎縮性側索硬化症の悪化により、逝去。 * (引用元 Hatena Keyword)