芸能人・経営者のおくやみ情報

デットマール・クラマー 氏

サッカー指導者[ドイツ]

(「日本サッカーの父」)

2015年 9月17日 死去享年91歳

デットマール・クラマー - ウィキペディアより引用

デットマール・クラマー(ドイツ語: Dettmar Cramer, 1925年4月4日 - 2015年9月17日)は、ドイツのドルトムント出身のサッカー選手、サッカー指導者。
デトマール・クラマーと表記されることもある。
クラマーは日本サッカー界初の外国人コーチであり、日本代表の基礎を作り日本サッカーリーグの創設にも尽力したことから「日本サッカーの父」と称された。
クラマーはドイツのウィクトリア・ドルトムント(Viktoria Dortmund)やSGゲルマニア・ヴィースバーデンなどで選手としてプレーしたが、怪我のために引退した。
クラマーは、指導者としては西ドイツユース代表監督を務めた時期にフランツ・ベッケンバウアーをユース代表に抜擢し、公私両面で指導した。
1960年、クラマーは1964年東京オリンピックを控えた日本代表を指導するため、代行監督として招聘された。
日本サッカー協会は代表強化のために外国人監督を招くことを検討しており、成田十次郎の仲介や会長である野津謙の決断で実現した人選だった。

「日本サッカーの父」と呼ばれるサッカー指導者。 「デトマール・クラマー」という表記もあり。 1925年4月4日、生まれ。2015年9月17日、死去。 ドイツ・ドルトムント出身。 第二次世界大戦では落下傘兵として従軍。 戦後ボルシア・ドルトムントに入団したが、膝の故障により1951年引退。ドイツ西部地域協会の主任コーチとなる。 ドイツ代表のアシスタントコーチを経て、1960年に日本の東京オリンピックチーム強化のため来日。代表強化、指導者育成、ユース組織確立など日本サッカーの礎を築いた。 1968年、メキシコオリンピックではアドバイザーとして銅メダルに導いた。世界選抜(対ブラジル代表)の監督も務める。 1969年に千葉で開催された第1回FIFAコーチングスクールでは、スクールマスターをつとめる。その後もFIFA技術委員として世界各国を巡回指導。 1971年、勲三等瑞宝章を受章。 1975年、バイエルン・ミュンヘンの監督に就任し、UEFAチャンピオンズカップで2回優勝。1976年には世界一に導いた。 1977年-1978年、アイントラハト・フランクフルト、1982年-1985年、バイヤー・レヴァークーゼン(82-85年)の監督。 1996年、日本サッカー協会75周年記念功労賞。 2005年、第1回日本サッカー殿堂入り。 (引用元 Hatena Keyword)

「デットマール・クラマー」と関連する人物(故人)