芸能人・経営者のおくやみ情報

大錦大五郎

相撲力士・第28代横綱[日本]

1943年 5月18日 死去享年61歳

大錦大五郎 - ウィキペディアより引用

大錦 大五郎(おおにしき だいごろう、1883年3月22日 - 1943年5月18日)は、愛知県海部郡鍋田村稲元(現・愛知県弥富市)出身の元大相撲力士(京都相撲・大坂相撲)。
第28代横綱。
本名は鳥井 大五郎(とりい だいごろう)。
1883年に山田松次郎の次男として生まれた。
誕生日は3月22日とされているが、3月20日・7月22日など諸説ある。
幼い頃から怪力で、地元の子供相撲でも年上の子供を相手に負けなかったため、「稲元の金太郎」という異名を取った。
その評判を聞きつけた飛石山の勧めで、1898年に伊呂波部屋(京都相撲)へ入門した。
その後、大坂相撲へ移籍するとすぐに頭角を現し、破竹の勢いで十両を1場所で通過、1906年2月場所で新入幕を果たす。
ところが、大錦のあまりにも早い出世に他の部屋から苦情が相次いだため、同場所は前頭ではなく「十両筆頭格」として出場させた。
それでも快進撃は留まらず、1910年に大関へ昇進した。
ちょうどこの頃に常陸山谷右エ門から東京相撲へ加入するよう誘われたが、朝日山に深く恩義を感じていたために断念したという。