訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

パウルス5世

ローマ教皇[イタリア]

1621年 1月28日 死去享年70歳

パウルス5世 - ウィキペディアより引用
『』より : パウルス5世(Paulus V、1552年9月17日 - 1621年1月28日)はローマ教皇(在位:1605年 - 1621年)。
シエナの名門ボルゲーゼ家の生まれ、本名はカミッロ・ボルゲーゼ(Camillo Borghese)。
教会の権益を擁護すべくヴェネツィア共和国やイングランド王ジェームズ1世との交渉を繰り返した。
生涯 ローマへ逃れてきたカミッロ・ボルゲーゼは書類にしばしば「ローマ人(Romanus)」と記していた。
彼はペルージャとパドヴァで法学を学び、1596年7月、クレメンス8世によって枢機卿に選出された。
1605年5月、レオ11世没後の教皇選挙ではボルゲーゼがカエサル・バロニウスやロベルト・ベラルミーノなどの錚々たる教皇候補者達を押しのけて新教皇に選出された。
これは彼が中立を保ち、特定の派閥と密着していなかったことから、諸勢力から妥協案として受け入れられたのである。
彼は非常に厳格で一度決めたらやりとげる性格であり、外交家というよりは教会の権益を擁護する法学者というタイプの人物であった。

↑ PAGE TOP