芸能人・経営者のおくやみ情報

安保清種

海軍大将、男爵[日本]

1948年 6月8日 死去享年79歳

安保清種 - ウィキペディアより引用
安保 清種(あぼ きよかず、明治3年10月15日(1870年11月8日) - 昭和23年(1948年)6月8日)は、明治期から昭和期にかけての日本海軍軍人。
海軍大将。
濱口雄幸内閣の海軍大臣。
佐賀県出身。
男爵。
海軍草創期の中堅幹部・沢野種鉄大佐の三男として生まれる。
前名は康三郎。
佐賀中学、攻玉社を経て、海軍兵学校18期生。
在学中は父が兵学校次長であった。
しかし在学中に父が病没する。
規定局長林清康少将(のち海軍中将)が長女との縁談を進め、林家の養子となる。
同時に養父から「清」、実父から「種」の字を頂き、林清種に改名。
1897年に男爵に叙せられた清康中将が安保姓に改姓したため、この時点で世に知られる安保清種の姓名となる。
1909年、養父の死去に伴い男爵を相続する。
同期生に加藤寛治がいる。
日露戦争時、日本海海戦において、連合艦隊の旗艦である戦艦「三笠」の砲術長を務め、艦隊の射撃指揮に功績を挙げた。
その際、ロシアの戦艦の名を覚える必要があったが、水兵達が慣れないロシア語をなかなか覚えられなかった為、似たような日本語を自身で考え、それで憶えさせたというエピソードがある。