訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

徳川頼房

常陸水戸藩初代藩主、寛文元年7月29日[日本]

1661年 8月23日 死去享年59歳

徳川頼房 - ウィキペディアより引用
徳川 頼房(とくがわ よりふさ)は、常陸水戸藩の初代藩主。
水戸徳川家の祖。
徳川家康の十一男。
生涯 1603年(慶長8年)、伏見城にて生まれる。
1606年(慶長11年)9月23日、3歳にして常陸下妻城10万石を、次いで1609年(慶長14年)12月12日、兄の頼将(頼宣)の駿河転封によって新たに常陸水戸城25万石を領したが、幼少のため駿府城の家康の許で育てられた。
水戸徳川家の石高は兄義直の尾張徳川家、頼宣の紀州徳川家の半分にも満たなかった。
その理由として「常陸水戸徳川家譜」は、家康が3人に欲しい物を聞いたところ頼房が「天下が欲しい」と答えたことから、乱を起こすおそれがあると家康に疎まれたことを挙げている。
また、『南紀徳川史』では頼房が徳川姓を許されたのは1636年(寛永13年)とし、それまでの33年間は「名字定まらず」としており、同母兄・頼宣の分家とみなされていたという説もある。
1610年(慶長15年)7月、家康の命により、実子市姫を亡くした英勝院(お梶の方)の養子となる。
1611年(慶長16年)には元服、頼宣と同様に清和源氏の通字の一つである「頼」の字を用いて頼房と名乗った。

↑ PAGE TOP