芸能人・経営者のおくやみ情報

ロバート・アルドリッチ 氏

映画監督[アメリカ]

1983年 12月5日 死去享年66歳

ロバート・アルドリッチ(Robert Aldrich, 1918年8月9日 - 1983年12月5日)は、アメリカ合衆国ロードアイランド州クランストン出身の映画監督。
ロバート・オルドリッチとも表記する。
祖父ネルソン・アルドリッチは共和党保守派の上院議員(ロードアイランド州選出)であり、父親は出版業界で働いていた。
また、ニューヨーク州知事や、第41代合衆国副大統領を務めたネルソン・アルドリッチ・ロックフェラーは従兄に当たる。
ヴァージニア大学では経済学を専攻していたがドロップアウト、1941年にRKOで使い走りとして映画界に入る。
ジャン・ルノワール、エイブラハム・ポロンスキー、ジョゼフ・ロージーの元で働き、チャーリー・チャップリンの『ライムライト』などの助監督を経て、1954年『Big Leaguer』で監督デビューを果たす。
同年、自身のプロダクション、アソシエイツ・アンド・アルドリッチを設立。
『ヴェラクルス』等の西部劇で認知される。
ヨーロッパに渡った1960年前後の不振の時期の後、アメリカに戻ると不敵さに狡猾さを加え独自の路線を進んでいく。