芸能人・経営者のおくやみ情報

三木たかし 氏(みきたかし)

作曲家[日本]

2009年 5月11日 死去下咽頭がん享年64歳

三木 たかし(みき たかし、1945年1月12日 - 2009年5月11日) は、日本の作曲家。
本名は渡邊 匡(わたなべ ただし)。
歌手・女優の黛ジュン(本名: 渡邊順子)は実妹にあたる。
1945年1月12日、東京都生まれ。
貧困家庭に育ち借金取りが訪れると妹と押入れに籠もり、紙で書いた鍵盤をひいて遊んでいたという。
「さくらの唄」 (唄・美空ひばり)を10代で作っている。
1960年代半ばごろに歌手を志して作曲家の船村徹に弟子入りするも、船村から「君は作曲家の方が向いている」と言われ方向転換する。
1967年、当時の売れっ子作詞家であったなかにし礼の推薦を受け、「恋はハートで」(歌唱: 泉アキ/クラウン・レコード)で作曲家デビューを果たす。
1968年、実妹の黛ジュンに提供した「夕月」が66万枚のヒット。
オリコンチャート最高位2位を記録した。
1969年、「禁じられた恋」(作詞: 山上路夫、歌唱: 森山良子)が8週連続チャート1位の大ヒット。
自身の作品が初めてNHK紅白歌合戦で歌唱された。
1971年、歌手の松平マリ子(旧名梅木マリ)と結婚する。

作曲家 本名:渡辺匡 東京都出身 2006年に咽頭癌の手術で声帯の一部を切除したが作曲活動を続け2008年12月の日本レコード大賞では審査委員長も努める。 2009年5月11日死去(享年64歳) (引用元 Hatena Keyword)