芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャスティン・ウィルソン 氏

インディカー・レーシングドライバー[イギリス]

2015年 8月24日 死去レース中の事故享年38歳

ジャスティン・ウィルソン - ウィキペディアより引用

ジャスティン・ウィルソン(Justin Wilson、1978年7月31日 - 2015年8月24日)はイギリス(イングランド)、シェフィールド出身のレーシングドライバー。
身長191cm、体重88kg。
フォーミュラ・ヴォグゾールなどの下位カテゴリーを経て国際F3000に出走し、2001年にはチャンピオンを獲得した。
同年にはジョーダン・グランプリのテストにも参加した。
2002年にはミナルディのテストドライバーとなり、翌2003年にはレギュラードライバーの座を得てF1に参戦した。
しかし彼は191cmという長身であったため、ミナルディは大きなモノコックを製作する必要があった。
2003年のドイツグランプリ以降は、アントニオ・ピッツォニアの解雇によりジャガー・レーシングに移籍した。
同年のアメリカグランプリでは8位に入賞し、初の選手権ポイントを獲得した。
2004年以降は活動の場をアメリカに移し、チャンプカーに参戦。
2005年トロントで初勝利し、通算4勝の実績を残す。
2008年からはチャンプカーのインディカーとの統合に伴いインディカーにニューマン・ハース・レーシングから参戦。

F1ドライバー。 1978年7月31日、生まれ。2015年8月24日、死去。 イギリス出身。 2003年にミナルディからデビュー。自分を投資対象にするために株式を発行、193cmの長身、後列からかますロケットスタートと、何かと話題に事欠かない文字通りの大型ルーキーとして注目を集める。 ミナルディのマシンながらかなりの好成績を収めていたところがジャガー上層部の目にとまり、シーズン後半はアントニオ・ピッツォニアを追い出す形でジャガーに移籍したが、ミナルディ時代程のインパクトを植え付けるには及ばず、シート喪失に追い込まれた。 2004年はル・マン24時間レースに出場。またCARTにも参戦し、新人王獲得に後一歩まで迫った。 それ以降もCARTやそのあとを受けたチャンプカー、IRLと合併後のインディカー・シリーズなどで活躍。 2015年8月23日に行われたインディカー・シリーズ第15戦ポコノにおいて、頭部に別の車両のクラッシュしたパーツが直撃し、病院に搬送されたが翌24日に死去。享年37。 (引用元 Hatena Keyword)

「ジャスティン・ウィルソン」と関連する人物(故人)