芸能人・経営者のおくやみ情報

井伊直盛

戦国武将[日本]

(永禄3年5月19日没)

(ユリウス暦) 1560年 6月12日 死去討死享年55歳

井伊直盛 - ウィキペディアより引用

井伊 直盛(いい なおもり)は、戦国時代の武将。
井伊直宗の子。
遠江国引佐郡井伊谷城主(現在の静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)。
女領主となった井伊直虎の父。
井伊氏は遠江の国人。
明応3年(1494年)、駿河国守護・今川氏親が遠江へ進出すると、井伊氏は遠江守護・斯波氏や大河内氏と結託して対抗した。
この争いは明応、文亀、永正と断続的に続いたが、直盛は永正10年(1513年)、防戦していた遠江国三岳城(御獄城)の陥落によって降伏、以後今川氏に仕えた。
なお、この遠江国をめぐる覇権争いは、大河内氏の滅亡と斯波氏の没落によって収束し、遠江国守護職を取り戻した今川氏が以降名実共に駿河・遠江の2ヵ国を支配下に治めることとなった。
亡父・氏親の頃に支配を確立した駿河、遠江の2ヵ国に、新たに三河国を傘下に治め、今川氏最大の版図を築いた今川義元は、永禄3年(1560年)に尾張国への遠征の為の大軍を動員。
直盛は、その先鋒の大将に任じられた。
織田氏の各拠点を奪取するなど今川軍が優位だったが、同年5月19日、桶狭間にて休息中の本隊が織田信長自らに率いられた手勢の強襲を受け、多くの将兵を失っただけでなく、総大将の義元をも討ち取られた(桶狭間の戦い)。

日本の戦国時代の遠江国の武将。国人。井伊氏当主。 桶狭間の戦いで今川軍に属していたが戦死した。 (引用元 Hatena Keyword)