芸能人・経営者のおくやみ情報

片岡千恵蔵 氏(かたおかちえぞう)

俳優[日本]

1983年 3月31日 死去腎不全享年81歳

片岡千恵蔵 - ウィキペディアより引用

片岡 千恵蔵(かたおか ちえぞう、旧字体:千惠藏、1903年3月30日 - 1983年3月31日)は、日本の俳優。
本名は植木 正義(うえき まさよし)。
戦前・戦後の長期にわたって活躍した時代劇スターで、同時代の時代劇スターである阪東妻三郎、大河内傳次郎、嵐寛寿郎、市川右太衛門、長谷川一夫とともに「時代劇六大スタア」と呼ばれた(これに月形龍之介を含めて「七剣聖」と呼ぶ場合もある)。
出演作品は300本を超える。
戦前は片岡千恵蔵プロダクションを設立し、稲垣浩、伊丹万作の両監督とコンビを組んで傑作時代劇を多く生み出した。
戦後は東映の重役スターとなり、亡くなるまで第一線のスターで在り続けた。
終戦直後のGHQ占領時代には、金田一耕助や多羅尾伴内などを演じ現代劇でも人気を得た。
当たり役に『いれずみ判官』の遠山金四郎など。
長男の植木基晴(「千恵蔵二世」と呼ばれた)、娘の植木千恵は子役で、東映時代の千恵蔵と共演したが、その後引退。
三男の植木義晴は日本航空の元操縦士で、同社の専務執行役員を経て、代表取締役社長に就任した。

かたおかちえぞう [生]1903.1.20.群馬[没]1983.3.31.東京映画俳優。本名植木正義。片岡少年劇を経て1927年マキノプロに入社。『萬花地獄』などに出演,28年千恵蔵プロを設立。伊丹万作,稲垣浩らとトリオを組み,時代劇の人気スターとなった。その後日活,大映を経て東映に移った。代表作『赤西蠣太』(1936),『宮本武蔵』(3部作,40),『血槍富士』(55),『花の吉原百人斬り』(60)など。 (引用元 コトバンク)