芸能人・経営者のおくやみ情報

藤田小女姫 氏

占い師[日本]

1994年 2月23日 死去射殺享年57歳

藤田 小女姫(ふじた こととめ、1938年1月4日 - 1994年2月23日)は、福岡県福岡市出身の霊感占い師。
別名は藤田小乙姫とも。
本名は藤田 東亞子(ふじた とあこ)。
1938年、福岡県福岡市に生まれる。
幼いころ、両親が離婚し、父親と生き別れる。
太平洋戦争で実家が空襲に遭ったため、知人を頼って各地を転々とする。
9歳のとき、ハワイの狐が憑依し、霊感を得たという。
1950年、小学校6年生のとき、『産業経済新聞(サンケイ新聞東京)』(5月1日付、現:『産経新聞』)の社会面トップに「奇跡の少女現る マリを突きながら何でもズバリ」との見出しで占いがよく当たる少女として紹介された。
この当時は「ことど姫」と名乗っていた。
サンケイ新聞の産経ビルの中の1部屋を与えられ、経営陣に可愛がられる。
昭和30、40年代にも霊感を持つ占い師として雑誌やテレビで取り上げられた。
岸信介、福田赳夫、松下幸之助、小佐野賢治などの政財界の大物を顧客として財を成した。
日米安保条約の成立と岸信介首相の退陣、今上天皇の結婚、朴正煕暗殺事件、周恩来中国首相の死などの予言を的中させたと言われる。

霊感占い師。藤田小乙姫とも。本名:藤田 東亞子 (ふじた とあこ)。 政財界との交流が多く、野田醤油がキッコーマンに、産経新聞がサンケイ新聞に改名した背景に、彼女のアドヴァイスがあったと言われている。 米誌『ニューズウィーク』のインタヴューに応えて行なった予言は、韓国の朴正熙大統領の暗殺予言が未遂であったことを除いてすべて一応的中していた。 ハワイで子息と同時に別々の場所で殺され、その真相は現在も充分明らかになってはいない。 (引用元 Hatena Keyword)