訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

太刀山峯右エ門

相撲力士・第22代横綱[日本]
1941年 4月3日 死去享年65歳
太刀山峯右エ門 - ウィキペディアより引用
太刀山 峯右エ門(たちやま みねえもん、1877年8月15日 - 1941年4月3日)は、富山県婦負郡(現・富山県富山市)出身の元大相撲力士。
第22代横綱。
本名は老本 弥次郎(おいもと やじろう)。
幼少期~初土俵 1877年に農業の傍ら製茶業を営む家の次男に生まれた。
老本家の茶は品評会で常に一等で、幼い頃から茶葉の手揉みを手伝っていたことから怪力が付き、これによって針のごとく鋭い優良品を生み出し、茶の品評会では必ず優勝したという。
兵役検査での優秀な成績が評判になり、友綱が貴重な逸材として欲しがったが本人は相撲に興味が無く、実家も長男を早く失っているので猛反対された。
諦め切れない友綱は板垣退助や西郷従道、さらには警察署長や富山県知事を動員して、1899年に友綱部屋へ入門させた。
肩の故障や流感・脚気などの影響で、入門1年後の1900年5月場所に幕下付け出しで初土俵を踏む。
四股名は地元・富山県の立山と常陸山谷右エ門に迫れという願いを込めて板垣退助によって「太刀山」と命名された。

↑ PAGE TOP