芸能人・経営者のおくやみ情報

中村政則 氏

一橋大学名誉教授・日本近現代史・経済史[日本]

2015年 8月4日 死去肺がん享年80歳

中村 政則(なかむら まさのり、1935年12月17日 - 2015年8月4日)は、日本の歴史学者。
専門は、日本近現代史。
一橋大学名誉教授。
「最後の講座派」と呼ばれていた。
東京新宿生まれ。
祖父は埼玉出身。
1961年一橋大学商学部卒業、1963年同大大学院経済学研究科修士課程修了、66年同博士課程単位修得退学。
経済学博士(一橋大学)。
大学時代はホッケー部に所属。
1966年一橋大学経済学部専任講師、1970年同助教授、1977年同教授、1979年ハーヴァード大学東アジア研究センター客員研究員、81年「近代日本地主制史研究 資本主義と地主制」で経済学博士(一橋大学)。
89年オックスフォード大学ニッサン日本研究所及びセイント・アントニーズ・カレッジ客員教授、1999年一橋大定年退官、名誉教授、オックスフォード大学客員研究員、2000年ハーヴァード大学客員研究員、2001年から2006年まで神奈川大学経済学部・大学院歴史民俗資料学研究科歴史民俗資料学専攻特任教授。

なかむら-まさのり 1935-2015昭和後期-平成時代の日本史学者。昭和10年12月17日生まれ。昭和52年母校一橋大の教授となる。平成13年神奈川大学特任教授。専攻は近現代史で,実証的研究を重視し,マルクス主義史学の立場から地主制を研究。近代天皇制,占領史の研究もすすめた。平成27年8月4日死去。79歳。東京出身。著作に「近代日本地主制史研究」「昭和の恐慌」「戦後史と象徴天皇」など。 (引用元 コトバンク)

「中村政則」と関連する人物(故人)