芸能人・経営者のおくやみ情報

成瀬巳喜男 氏(なるせみきお)

映画監督[日本]

1969年 7月2日 死去享年65歳

成瀬巳喜男 - ウィキペディアより引用

成瀬 巳喜男(なるせ みきお、1905年8月20日 - 1969年7月2日)は、東京府(現東京都)四谷出身の映画監督。
1905年8月20日、東京都四谷区に縫箔職人の父・利三と母・きなの間に二男一女の次男として生まれる。
生まれたのが巳年、巳の月、巳の日だったので「巳喜男」と名付けられた。
家が貧しかったため早く腕に職をつけようと工手学校(現工学院大学)に入るが、父が亡くなって家計が逼迫したことで中退。
1920年、知人の紹介で松竹蒲田撮影所に小道具係として入社する。
1922年頃から池田義信の助監督につく。
しかし中々監督には昇進出来ず、後から入社した小津安二郎や清水宏らが入社して3・4年で監督に昇進する中、成瀬はまだ五所平之助の下で師事を受けており、都合10年もの下積み時代を過ごした。
1930年、城戸四郎が赤穂春雄名義でシナリオを書いた短篇ナンセンス喜劇映画『チャンバラ夫婦』で監督デビューを果たす。
最初は短篇のドタバタ喜劇を手がけていたが、1931年の『腰弁頑張れ』で認められる。
その後長篇作品も手がけていき、1932年の『蝕める春』でキネマ旬報ベストテン第6位に選ばれ、期待の若手監督として注目された。

なるせみきお [生]1905.8.20.東京[没]1969.7.2.東京映画監督。工手学校卒業後,1927年松竹蒲田の小道具係となり,池田義信の助監督を経て,ナンセンス喜劇『チャンバラ夫婦』(1929)で監督となる。PCL(東宝の前身)移籍後の『妻よ薔薇のやうに』(35)でゆるぎのない地位を確立。林芙美子原作の『めし』(51),『おかあさん』(52),『稲妻』(52),『あにいもうと』(53)と秀作を発表,『浮雲』(55)で頂点に達した。ほかに『桃中軒雲右衛門』(36),『流れる』(56),『乱れる』(64)など。 (引用元 コトバンク)