芸能人・経営者のおくやみ情報

榎本武揚(えのもとたけあき)

幕臣、政治家海軍中将、子爵[日本]

1908年 10月26日 死去享年73歳

榎本武揚 - ウィキペディアより引用

榎本 武揚(えのもと たけあき、1836年10月5日(天保7年8月25日) - 1908年(明治41年)10月26日)は、日本の武士(幕臣)、化学者、外交官、政治家。
海軍中将、正二位勲一等子爵。
通称は釜次郎、号は梁川(りょうせん)。
榎、釜を分解した「夏木金八(郎)」という変名も用いていた。
なお、武揚は「ぶよう」と故実読みでも呼ばれた。
伊能忠敬の元弟子であった幕臣・榎本武規(箱田良助)の次男として生まれる。
昌平坂学問所、長崎海軍伝習所で学んだ後、幕府の開陽丸発注に伴いオランダへ留学した。
帰国後、幕府海軍の指揮官となり、戊辰戦争では旧幕府軍を率いて蝦夷地を占領、いわゆる「蝦夷共和国」の総裁となった。
箱館戦争で敗北し降伏、東京・辰の口の牢獄に2年半投獄された。
敵将・黒田清隆の尽力により助命され、釈放後、明治政府に仕えた。
開拓使で北海道の資源調査を行い、駐露特命全権公使として樺太千島交換条約を締結したほか、外務大輔、海軍卿、駐清特命全権公使を務め、内閣制度開始後は、逓信大臣・文部大臣・外務大臣・農商務大臣などを歴任、子爵となった。

1836年(天保7年)〜1908年(明治41年) 幕末の海軍副総裁。明治の政治家。榎本釜次郎。旗本・榎本円(圓)兵衛武規の次男。 1855年より長崎海軍伝習所に学び、1863年より幕府留学生としてオランダで研鑚を積む*1。 1867年帰国。 江戸開城後、旧幕府の艦隊を率いて蝦夷地(北海道)箱館*2に上陸。戊辰戦争の最後の戦いである「箱館戦争」を戦った。 1869(明治2)年、新政府軍に降伏。 後、特赦により赦免され、明治政府に出仕。北海道開拓に尽力。また、ロシア公使や、逓信、外務、文部の各大臣を歴任した。 (引用元 Hatena Keyword)