芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・キューカー 氏

映画監督[アメリカ]

1983年 1月24日 死去享年85歳

ジョージ・キューカー - ウィキペディアより引用

ジョージ・デューイ・キューカー(George Dewey Cukor, 1899年7月7日 - 1983年1月24日)は、アメリカ合衆国の映画監督。
生涯・人物 ニューヨークでハンガリー系ユダヤ人の家庭に生まれる。
子供の頃から舞台や映画に興味を持ち、高校を卒業後、シカゴの演劇界で舞台助監督として働く。
21歳の時にはブロードウェイで舞台俳優兼監督として活躍し、エセル・バリモアやエミール・ヤニングス主演の舞台を手掛ける。
しかしトーキー時代に入り、役者の台詞の喋り方を指導しなければならなくなり、ブロードウェイの若手演出家として注目を浴びていたキューカーに白羽の矢が立ち、1929年にハリウッドへ招かれ、1930年の『西部戦線異状なし』をはじめ、パラマウント映画のトーキー映画のダイアローグ監督を務めて実力を認められる。