訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジャン・ルノワール 氏

映画監督脚本家俳優[フランス]

1979年 2月12日 死去享年86歳

ジャン・ルノワール - ウィキペディアより引用
ジャン・ルノワール(Jean Renoir, 1894年9月15日 - 1979年2月12日)は、フランスの映画監督、脚本家、俳優。
印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの次男。
ジャン・ルノアールと表記される場合もある。
1894年9月15日、パリのモンマルトルに父・ピエール=オーギュスト・ルノワールと母・アリーヌの次男として生まれる。
幼いころに南フランスに移住し、父の絵のモデルを務めさせられていた。
各地の学校を転々とし、ニースの大学で数学と哲学を学ぶ。
第一次世界大戦には騎兵少尉として参戦し、後に偵察飛行隊のパイロットを務めたが、偵察中に片足を銃撃され、終生まで傷の痛みに悩まされていた。
その療養中にD・W・グリフィスやチャールズ・チャップリンらの作品を観て、映画に興味を持つ。
1920年、前年に亡くなった父の絵のモデルをしていたカトリーヌ・エスランと結婚。
大戦終結後は陶器を作っていたが、イワン・モジューヒンの『火花する恋』やエリッヒ・フォン・シュトロハイムの『愚なる妻』等の影響を受けて、映画監督を志す。

「ジャン・ルノワール」と関連する人物(故人)