訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヘンリー・小谷 氏

映画監督[日本→アメリカ]

(本名・小谷倉市)

1972年 4月8日 死去脳卒中享年86歳

ヘンリー・小谷 - ウィキペディアより引用
ヘンリー・小谷(へんりー・こたに、本名・小谷倉市、1887年4月25日-1972年4月8日)は、大正・昭和期の映画監督。
日本映画初期に、アメリカから最新技術を紹介、実践し、開拓者・指導者としても大きな役割を果たした。
略歴・人物 生い立ち 広島県仁保島村(現広島市南区仁保町)生まれ。
幼少時に両親とアメリカへ渡り、ハワイ、サンフランシスコと移住。
ハイスクール卒業後、「オークランド・ヒルズ・カレッジ」に入るが1911年中退。
ハイスクール在学中の1907年からサンフランシスコの「アルカザー劇場」で働き、1913年に「トマス・H・インス撮影所」へ入り『火の海(神々の怒り)』(1914年、レジナルド・バーカー監督)など俳優として映画、舞台に出演する。
ここには青木鶴子、トーマス・栗原、早川雪洲もいた。
1917年、「フェイマス・プレイヤーズ・ラスキー(後のパラマウント)撮影所」に移りカメラマンとなる。
カメラマンになる前は葡萄ちぎりの職に付いていたと書かれた文献もある。
同年、セシル・B・デミル監督『ヂャンヌ・ダーク』でアルビン・ワイコフの撮影助手、1923年の『十誡』でも撮影助手を務め、史上初めて斜めパンをやったデミルの仕事でヘンリーが、右手でクランク、左手でパニング、残るは三脚の一本に脚をかけてキャメラを持ち上げたという。