芸能人・経営者のおくやみ情報

D・W・グリフィス

映画監督俳優脚本家[アメリカ]

1948年 7月23日 死去脳溢血享年74歳

D・W・グリフィス - ウィキペディアより引用

D・W・グリフィス(David Wark Griffith、1875年1月22日 - 1948年7月23日)は、アメリカ合衆国の映画監督、俳優、脚本家、映画製作者である。
映画文法の基礎を築いた人物であり、様々な映画技術(モンタージュ、カットバック、クローズアップなど)を確立して、映画を芸術的な域へと高めた。
アメリカ映画初の長編映画『國民の創生』や『イントレランス』などの監督作品は彼の技術の集大成的な作品であり、現在でもアメリカ映画の名作として数えられる。
また、女優のメアリー・ピックフォードやリリアン・ギッシュなど数多くの映画人を輩出したことでも知られ、それらの功績から「映画の父」と呼ばれている。
生涯 1875年1月22日、ケンタッキー州ラグレーンジに生まれる(クレスウッド生まれの説あり)。
父親は南北戦争の英雄ジェイコブ・ウォーク・グリフィス大佐である。
彼は大きな農場を経営しており、州議会議員も務めていたが、戦後に没落し、グリフィスが10歳のときに亡くなっている。

 D.W. Griffith (David Wark Griffith)    アメリカの映画監督。  1875年1月22日、ケンタッキー州クレストウッド生まれ。本名デイヴィッド・ウォーク・グリフィス?。  父は元南軍大尉で下院議員も勤めたジェイコブ・ウォーク・グリフィス。  1906年5月14日、女優リンダ・アーヴィドソン・ジョンソンと結婚。  1907年に自ら執筆した芝居『愚か者と女の子』A Fool and a Girlがニューヨークで上演されるが、失敗し、生活のためやむなく映画界入りを試みる。  エディソン社で監督のエドウィン・S・ポーターと出会い、俳優として彼の『鷲の巣から救われて』Rescued from an Eagle’s Nest(1908)に主演。その後、バイオグラフ社にストーリーを売り、俳優も続けた。  1908年6月18日と19日に撮影された短編『ドリーの冒険』The Adventures of Dollieで監督となり、以後バイオグラフ社のほぼすべての作品を演出。  1908年から13年にかけてバイオグラフ社で500本近い映画を演出した。  1911年には会社の反対にもかかわらず2巻物『イーノック・アーデン』を監督。4巻物の『アッシリアの遠征』(1914)を最後に、長編映画を撮るためバイオグラフ社を離れる。  ミューチュアル社のハリー・エイトキンと共に「エポック・プロデューシング・コーポレイション」を設立、12巻の大作『国民の創生』(1915)で空前の成功を収めた。  続いてさらなる超大作『イントレランス』(1916)を監督するが興行的に失敗した。   1919年、当時の世界的大スター、メアリー・ピックフォード、ダグラス・フェアバンクス、チャールズ・チャップリンと共同で、新たな配給会社「 …… (引用元 Hatena Keyword)