芸能人・経営者のおくやみ情報

D・W・グリフィス

映画監督俳優脚本家[アメリカ]

1948年 7月23日 死去脳溢血享年74歳

D・W・グリフィス - ウィキペディアより引用
D・W・グリフィス(David Wark Griffith、1875年1月22日 - 1948年7月23日)は、アメリカ合衆国の映画監督、俳優、脚本家、映画製作者である。
映画文法の基礎を築いた人物であり、様々な映画技術(モンタージュ、カットバック、クローズアップなど)を確立して、映画を芸術的な域へと高めた。
アメリカ映画初の長編映画『國民の創生』や『イントレランス』などの監督作品は彼の技術の集大成的な作品であり、現在でもアメリカ映画の名作として数えられる。
また、女優のメアリー・ピックフォードやリリアン・ギッシュなど数多くの映画人を輩出したことでも知られ、それらの功績から「映画の父」と呼ばれている。
生涯 1875年1月22日、ケンタッキー州ラグレーンジに生まれる(クレスウッド生まれの説あり)。
父親は南北戦争の英雄ジェイコブ・ウォーク・グリフィス大佐である。
彼は大きな農場を経営しており、州議会議員も務めていたが、戦後に没落し、グリフィスが10歳のときに亡くなっている。