芸能人・経営者のおくやみ情報

中井正清(なかいまさきよ)

大工頭[日本]

(元和5年1月21日没)

1619年 3月7日 死去享年55歳

中井正清 - ウィキペディアより引用

中井 正清(なかい まさきよ、永禄8年(1565年) - 元和5年1月21日(1619年3月7日))は、江戸時代初期の大工頭。
大和国出身。
法隆寺番匠で、法隆寺の屋根に上がるため殿上人でなければならず代々官位を得た。
中井正吉の子。
通称は藤右衛門。
初代の京都大工頭であり、官位は従四位下・大和守。
畿内・近江6カ国の大工等を支配し、1,000石を知行した。
関ヶ原の戦いの後、徳川家康に作事方として仕え、二条城建設に活躍した。
家康の命による江戸城、知恩院、駿府城の天守、江戸の町割り、増上寺、名古屋城、二条城、内裏、日光東照宮、久能山東照宮、方広寺など、徳川家関係の重要な建築を担当した。
大坂の陣の直前に、家康の密命により、大坂城の絵図を作成したという逸話がある。
関連項目 中井正侶(1600年-1631年、正清の子、中井家12代)大坂城天守閣、寛永度二条城などを造営。
中井正純(正清の子、中井家3代正知の後見)寛永度京都御所内裏、石清水八幡宮本殿、延暦寺根本中堂、仁和寺五重塔、教王護国寺五重塔などを造営。

1565〜1619(永禄8年〜元和5年)【大工】江戸城、増上寺、日光東照宮から江戸の町割りまで手掛けた大工頭。初代京都大工頭。大和守。関ヶ原の戦い後、徳川家康に作事方として仕えた。弁慶・矢倉・池上といった配下の棟梁を統率して、江戸城建設に活躍した。駿府城の天守閣、江戸の町割り、内裏、増上寺、方広寺大仏殿、日光東照宮など、幕府関係の重要な建築の多くを担当した。 (引用元 コトバンク)

「中井正清」と関連する人物(故人)